顔の印象が変わって華やかになる【二重手術は美容外科で】

婦人

水で落ちないメイク

目元

アートメイクは針を使う医療行為。美容外科で行うのが安全で確実です。大阪にはアートメイクに力を入れているクリニックがあります。ランキングサイトを利用してしっかり選びましょう。落ちないメイクだからこそ、満足のいく仕上がりが大切です。クリニックは慎重に選びましょう。

詳細

一重まぶたにサヨナラする

女の人

誰にも知られずに治療する

一重まぶたを二重にする整形手術を受けるだけで、顔全体の印象が劇的に変わります。皮膚に筋が1本入っただけでそこまで大きく変わるはずがないと考える人もいますが、それは全くの認識不足です。まぶたを二重にすると、上まぶたがしっかりと持ち上がるようになるため、手術前よりも黒目がちになります。外部から見える黒目の面積が広くなると、目そのものが大きくなったように見えます。見る人の心をしっかりととらえて離さない魅力的な目にすることができるため、就活など、短時間で相手に自分のことを強く印象づける必要がある場面では、とても有利になります。とはいえ、就活のためにわざわざ二重整形手術まで受けたなどと陰口を叩かれるのは嫌だと考えるのが普通です。周囲に気づかれずに二重整形手術を済ませてしまいたいと望んでいる人は、埋没法による手術を受けるようにするとよいです。埋没法であれば、まぶたの腫れがほとんど起こりませんし、抜糸の必要もありません。手術の翌日からメイクをすることも可能ですので、周りの人の関心を必要以上に引き付ける心配がありません。

治療方法の特徴

昔からよく行われてきた二重整形手術は、切開法と呼ばれる手術です。呼び名が示している通り、まぶたの皮膚をメスで切開して二重のラインを作ります。クッキリとした深いラインを作ることができますし、外人のような幅の広い二重を作ることも可能です。また、皮膚を切開したついでに、まぶたについている余分な脂肪を除去することができるため、腫れぼったさのないスッキリとした目元にすることができます。おまけに、切開法は長い歴史を持つ方法であるため、一定の術式が確立されているという安心感もあります。一方、埋没法の方は、誕生してからまだ10年ちょっとしか経っていない新しい方法です。埋没法の場合は、基本的にメスが使用されません。皮膚を切るのではなく、糸で皮膚を固定して二重のクセをつけるという方法がとられます。皮膚を切りませんから、まぶたの腫れがほとんど起こりません。また、万が一仕上がりが気に入らなかった場合には、糸を外すだけで簡単に元の状態に戻すことができます。料金も安いため、美容整形初心者を中心に高い人気を集めています。

手法を確認しよう

婦人

脂肪吸引手術と一口に言っても、その方法はクリニックによって異なります。大阪で手術をうけるのであれば、医師の技術などを比較することはもちろんのこと、新しい手術方法や技術を積極的に取り入れているクリニックを選ぶようにしましょう。

詳細

顔で印象は変わる

女性

年齢を重ねるごとに、どうしてもしみは発生してしまいます。しかしクリニックによるしみ治療を受けることで真っ白な肌に戻れるため、心配はいりません。レーザーを用いた治療や塗り薬によって、しみは大幅に解消されるでしょう。

詳細